角栓ができるプロセスと防止法

角栓ができるプロセスと防止法

毛穴というのは穴はもともと目立たないほど小さいのですが、皮脂が分泌され古い角質がたまり、皮脂と混ざり、雑菌なども含めて汚れの塊となり、最終的に角栓が出来上がります。この角栓が乾燥すれば硬くなりますし、酸化すれば黒く変色し、黒ずみ毛穴となります。

 

角栓というのは通常のマッサージだけでは除去することが極めて困難であり、いかにして、この角栓を生成しないようにするかというのが大きなポイントとなります。角栓対策については肌のターンオーバーつまり肌の新陳代謝が正常に機能し、古い肌がはがれて新しい肌に入れ替わることができるのであれば問題ありません。

 

しかしストレス、紫外線、食生活の乱れなどが原因で肌のターンオーバーが正常に機能しなくなると肌の再生リズムが狂いはじめます。